あとからリボに変更して、月々の支払いを一定額に。

お店などでほしい品物を見つけても、いまちょっと手持ちのお金がないときクレジットカードで買い物をするときがあります。このときお店では一括払いしか対応していないときがあります。でも一括払いばかりだと、月々の支払いが大変なことになってしまいます。

 

こんなとき役に立つのが後からあとからリボでの支払い方法です。あとからリボお店での支払いは、一括払いですが支払いをリボリング形式で月々の支払額を抑えることができる制度です。

 

あとからリボに対して、常にリボ払いで自動的に支払いとなるのが、リボ払い専用カード。お店で、「一括で」といっても、常にリボ払いですので、後で面倒な手続きをネットから行ったり、リボ払いにし忘れたために、口座引き落とし日に残高不足になってしまったなどという心配はいりません。

 

リボ払い専用カードの詳細はこちら

 

 

支払いをあとからリボに変更することを考える女性

 

このあとからリボに対応しているのが、三井住友銀行やシティバンクライフカード、セゾンカードなどです。

 

三井住友銀行やシティバンクライフカード、セゾンカードいずれもWEBから申し込む事ができますので今月は支払いが大変になりそうだなと思ったときにはWEBから後からあとからリボに変更して月々の支払いを一定額にするなどの工夫が必要です。

 

arrow 注意点としては月々の支払いが抑えられるために、ついつい買い物をしすぎてあとからリボにしても支払いが多くなってしまわないように注意することが必要です。

 

あとからリボといっても、基本は分割払いには代わりがないので自分がどれくらい支払える余力があるのかを十分に把握して、カードを使用するようにすべきです。自分の支払い能力を超えて支払いが発生するようになってしまうと多重債務に陥ってしまいます。

 

また、三井住友銀行やシティバンク、ライフカード、セゾンカードといくつものカードを持つよりは、できるだけカードの枚数を少なくして、メインのカードを決めて使用するほうが、カード会社に信頼実績がつまれますのでお薦めです。

 

十分に注意してカードを使用することで、余裕のある生活を過ごすことができるようになります。