遅延損害金の計算、上限、利率、消費税の扱いについて

クレジットカードは現代社会では必要不可欠と言っても良いほど普及している便利なツールです。カード一枚あればクレジットカードの加盟店であれば殆どの商品やサービスを購入することが出来ます。その時に現金を持っていなくても返済時期が来れば支払われると言う信用の下にクレジットカードの利用が可能になっていると言えるのが現実です。

 

一般にクレジットカードを利用する場合、実際に商品やサービスを購入してから支払いを行うまでの間におよそ一ヶ月程度の期間があるのが一般的です。その間に資金を工面しておけば特に問題が発生すると言うこともありません。

 

クレジットカードは非常に便利な金融サービスではありますが、支払うことが出来ないほど大量に使用してしまうことは避けなければなりません。ある程度の自制が必要なツールであると言えるでしょう。

 

なお、クレジットカードで利用した資金の返済は口座引き落としで行われるのが一般的です。もしもこのタイミングで銀行口座に十分な預金が残っていない場合、利用した分のお金を返済できなくなってしまい、クレジットカードの支払が滞納という状態になってしまいます。

 

その際にはクレジットカード会社から滞納の返済の催促の連絡が来ることになるでしょう。このタイミングで支払いを行えば事なきを得ることが出来ますが、もしも再三の催促にもかかわらず滞納している支払いの返済を行うことをしない場合には遅延損害金と呼ばれるお金を支払わなければならない可能性があります。

 

これは法定上限に定められた利率までを任意に決めることが出来るため、催促を受けた場合には早々に行動する必要があります。

 

消費税は8%の税率で支払いますが、遅延損害金の場合にはそれよりももっと大きな金額になるケースも少なくありません。また遅延損害金の計算も一日単位で行うことになりますので、少しでも早く帰るべき資金を返済できるように促すべきであると言えるでしょう。最悪、裁判となり、信用情報に傷がついてしまう事態も。

 

リボ払いにしていた場合は、この支払金額が一定となるので、うっかり引き落とし金額が足りていなかったというようなミスが少なくなるというメリットがあります。リボ払いは、支払い計画が苦手な人にはおすすめといえるかもしれませんね。

 

おすすめのリボ払い専用カードはこちら

 

 

このような仕組みをしっかりと理解してからクレジットカードが滞納にならないよう気をつけましょう。。